グローバル人材教育

多文化マネジメント研修日本人マネジメントの思考と行動をアップグレードする!

多文化環境において人と組織を効果的、効率的にマネジメントし、成果を最大化することを目的に、実践的な行動ノウハウを学ぶコース。日本企業、日本人の思考・行動特性とその背景、海外企業、海外の人の思考・行動特性とその背景を対比させ、「違い」を正しく理解し、気づきを深めることに焦点化。参加者ひとりひとりが「取り入れるべき思考と行動(=アップグレード)」のイメージをもつことができるようになることを狙っている。

思考と行動のアップグレードを実現する!
研修(1日コース・2日コース)
 
フォローアップ(原則、3ヵ月に1回)
  • レクチャー
  • ケース
    グループディスカッション
    発表・解説
  • ロールプレー
 
  • 行動アセスメント(多面評価)
  • 個別コーチング
  • 「気づき」醸成ツール



目標管理研修日本人も現地人材も目標管理に必要な思考と行動を鍛える!

目標管理と評価のための本質的な考え方、コツに加え、思考習慣の変革を学ぶコース。

思考と行動の改善を観察し、実際の変化を起こす!
研修
 
フォローアップ(原則、3ヵ月に1回)
  • レクチャー
  • 実習1(ケース4種類)
  • 思考習慣変革ガイド
  • 実習2(実課題)
  • ミニエクササイズ
  • まとめ
 
  • 行動アセスメント(多面評価)
  • 個別コーチング
  • 「気づき」醸成ツール
  • 多面インタビュー

※他ニーズに応じた各種対応が可能




行動の「気づき」研修自己と正しく向き合い、「気づき」を深める!

レクチャー、エクササイズ、プレゼンテーション、質疑応答などを通して、行動および行動の観察の意味を学び、自己の行動特性に関わる「気づき」を促す。通常、各種研修の フォローアッププロセスにおける行動アセスメント(多面評価)後に実施し、その後の行動改善効果を高めることを狙っている。

行動改善効果を高める!
研修(半日コース)
  • レクチャー
  • エクササイズ各種
    グループディスカッション
  • 自己内観



「思考段取り」の可視化セッション「思考の段取り」を可視化し、コミュニケーションの時間ロスを最小化する!

実際の重要目標や重要課題を題材として、「思考の段取り」の可視化を支援する集合セッション型式の指導。原則、月1回の頻度で各部門長による発表+議論および質疑応答の場を設け、「思考の段取り」の可視化を段階的に促し、着実に人の思考方法に変化を起こす現場主導の支援サービス。議論の深まり、誤解や勝手解釈(=手戻りの要因)の減少、率直に意見を言いやすい環境への変化、などの点で1年以内に実効果が期待できる。

展開ノウハウ
 
展開サイクル
  • オープン&フランクの行動環境の醸成
  • 「計画」の思考方法
  • 会議・議論・質疑応答の行動ルール
  • (多文化環境での)コミュニケーション原則
  • 「作業プロセス」と「思考段取り」
 



双方向型コミュニケーション研修

一方的な指示、命令、指導になりがちなマネジメント行動を双方向型に変革するための研修。コーチングメソッドを活用した実践的なコース設計の中で、コーチング、フィードバック、ティーチング(アドバイス)の違いを体験的に学習する。段階的に気づきを醸成するためにロールプレー、グループディスカッションを体系的に組み込んでいることが特徴。フォローアップのプロセスでは、指示待ちではなく、自発的に考え、判断し、行動する人材を育成することを狙い、研修効果の最大化を図っている。

双方向型コミュニケーションをベースに自立型人材を育成する!
研修(1日コース)
 
フォローアップ(原則、3ヵ月に1回)
  • レクチャー
  • ロールプレー各種
    グループディスカッション
    発表・解説
  • まとめ
 
  • 行動アセスメント(多面評価)
  • 集合型ミニ研修
  • 「気づき」醸成ツール



カスタマイズ研修

クライアント企業の各種ニーズに従って研修内容、プログラムを設計し、「変化」を起こすための実践的な研修を実施。

カスタマイズ研修の実施例:
・海外現地法人との仕事の仕方(本社関係者向け)
・労働争議の本質的な未然防止策(本社および海外拠点マネジメント向け)
・経営人事の方法(本社および海外拠点マネジメント向け)
・海外適性向上研修(海外実務研修員など20代の若手層向け)

サービス

グローバル人材養成講座